仕立て直し 袷のお袖 その二

子供物長着の袖幅直しの続き。 [caption id="attachment_261" align="aligncenter" width="300"] 胴裏の背縫いを解いたところ[/caption] 空き時間にちょっとずつ解いていく。胴裏は並幅だった。 背縫いと中とじをほどく。なるべく解きすぎないように…でも縫いにくくなるのは困る。 [caption id="attachment_262" align="alignleft" width="300"] 袖を引っ張り出して、袖付けを解きにかかる[/caption]   開いたところから手を入れて、肩を掴んで取り出す。袖付けは留めに注意!生地にハサミが入らないようにカットしていく。肩幅は生地幅ギリギリなのでこれ以上さわらず。無事両袖がはずせた。間違えないよう前袖に印。今日はここまで。     [caption id="attachment_263" align="alignright" width="300"] 両袖が外れ、ノースリーブのきものに[/caption] 「幽霊は片袖」和裁を習ったいた頃、師匠から言われていたことを思い出す。袖付けはその日のうちに両方済ませないと幽霊が出る・・・らしい。 どうしても無理ならまち針で留めておくだけでも。 幽霊が実際出るかどうかはともかく、片袖を残して仕事を終えるのはきりが悪いもの。袖付けは一気に、それほど時間が残ってなければ両方翌日に回す。 なんとなく、習慣になっている。片袖ついたままで日をまたがない、ということでは解物も一緒かな、とこれまた両袖外しておく。 この「幽霊は片袖」話、確か夜寝ている間に誰かが来たので、「怪しいやつ!」と捉えようとしたところ、片袖だけが外れて残った。朝起きてみると掛け軸の幽霊が片袖だった。幽霊がその片袖を取り返しに来る、というような話があったような。 仕立て直しの依頼はよくあって、中でも裄直しは多い。今回のように単純に袖だけを広げれば良いなら簡単なのだけど、大抵は肩幅もイッパイ広げることに。生地幅が足りるならそれを広ければOK…のはずなんだけど、裄が狭い長着は身幅も狭いもの。 肩だけだすのはバランスも悪くつりやすい。本当なら、脇も解いて、ものによっては裾、前幅後ろ幅まで広げないと厳しいものもある。そうなるともう大改造、お値段的にも仕立て直しくらいのイキオイになる。どこまで解くか、どこまで直すか、悩みどころだったりする。       [caption id="attachment_266" align="alignleft" width="300"] 半分食べられて小さくなった[/caption] 今日のおやつ。HIROコーヒーで見つけたコーヒー羊羹。お試しで小さいのを買ってみた。ちゃんとコーヒー&小豆、そして寒天の味。美味しかった~と同時に懐かしさも。子供の頃コーヒー寒を作ってたことを思い出した。 [caption id="attachment_264" align="alignright" width="300"] 色はなかなかすごい[/caption]     実家の庭から取ってきたからし菜。 味、匂い共に立派に辛子!お肉料理の付け合せにちょっとあるとうれしい葉っぱなのだけど、近所のスーパーでみかけたことは無い。わさび菜は時々あるんだけど。  
カテゴリー: 未分類 | コメントする

仕立て直し 袷のお袖 その一

2018です。今年もよろしくお願いします。   [caption id="attachment_243" align="alignleft" width="225"] ゆず・・・今年はできが今ひとつ。収穫時期が早かったかな?[/caption] あっという間に新年に。一年たつのが早すぎてやりたいことは山ほどあるのに追いつかない。手帳の買い換えもギリギリなら年賀状も紅白見ながら。今年は段取りよく物事を進めたいもの。   [caption id="attachment_244" align="alignright" width="300"] 数少ない収穫(*^^*) この棘!!ささると痛いのなんの。 ゆずも身、ならず実を守るために必死。 人間も必死。[/caption]               2月にムスメが茶道のお点前をするというので、私の子供時代のキモノをひっぱり出してきた。着丈は大丈夫なんだけれど、裄が短い!揚げを解いてもまだ足りない…これは面倒だけど袖幅直すパターンになりそう。間に合うかなあ?ついつい自分周りのことは後回しに・・・・。学校の雑巾ですら始業式前日の夜中に作成という後回しループ。 でもすでに「お母さんのキモノ着るねん!」とばあばにも報告、これはどうあっても直さなアカン流れ。 明日からぼちぼち始めるか! これがその長着。私の祖母の手縫い。おばあちゃんはもういないけど、こうやって次の世代に受け継がれてます。 ずーっとしまい込まれていたのでよく見るとあちこちシミが・・・・ 雑な着方をしてたんだなあと反省^^;  袖を直す場合、袷ならまず背縫いを解くところから。ここで胴裏が広幅だとちょっとがっくり。ちょっとだけどね。 背縫いがされててぱっと見わからないこともあり、解いたのに・・・!という気分になるわけ。 さて、この懐かしのきものはどんなかなあ?解くのはまた明日^^;)    
               
カテゴリー: 未分類 | コメントする

金閣寺

秋の京都に出かけてみた。久しぶりに金閣寺へ。超メジャー級観光地。定番過ぎてずっと前に行ったきり。オチビの社会見学もかねて復習しに行くことに。 [caption id="attachment_227" align="alignleft" width="225"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 参道はそれほど混んでなかった・・・[/caption] 阪急西院で降りてバスに乗り換え。西大路通は比較的空いてて、スムーズに金閣寺道に到着。去年清水寺に行った時にはものすごい観光客で、バスに乗るのにも長蛇の列。外国からの観光客も多く(半分以上?)レンタル着物でぞろぞろ歩いていて、「そうやんなー、京都をきもので散策、そら楽しいやろな〜、こうあう需要があったんや!」と感心したものたったが… 金閣寺、そこまでの人出じゃなかった。やっぱり四条河原町からちょっとはなれてるからかなあ〜ゆっくり歩けて楽だったけど。   [caption id="attachment_228" align="alignright" width="225"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA      拝観料を払うとこれが!             なんだかありがたい[/caption]       そして、金ピカだった!記憶の中の金閣寺よりも! でも山があり、池があり、よーく手入れされた木々や苔に囲まれて金ピカなのに上品で渋い、という景色になっていた。   [caption id="attachment_229" align="alignright" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 池に写った姿がまた綺麗 曇りでもこれくらい[/caption]               三層それぞれに建築様式が違う、とか、 池の巨石は諸大名からの献上品だとか(石のプレゼント…微妙だな) 子供時代に見た時にはまるて気付かなかったこともわかったり、大人の社会見学、なかなかに楽しいものだった。 帰りに豆政の豆菓子を買う。この時期限定のココア&バナナ。五色豆が美味しいお店。オチビ、試食で即決。とっても美味しい…のだが、このバナナ、バナナチップなのだ。このバナナチップ、要るかなあ〜? その分、豆菓子多いほうがいいのになあ〜 いや、十分美味しかったんですけどね。 金閣寺を出た足で北野天満宮へ向かう。それほどの距離では無く、ぶらぶら歩いてるうちに到着。 [caption id="attachment_232" align="alignright" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 賢くなれるかな~[/caption]               [caption id="attachment_231" align="alignleft" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA こんな牛が何頭か。全部撫でてきました![/caption]           [caption id="attachment_233" align="alignright" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 門を見上げると・・・。[/caption]     こちらはさすが神社、七五三のかわいらしい着物姿があちこちに。場所柄かな、子供達の着物の柄がよりクラシックなかんじがする。例えば…明るいめの柿色にポンポンと花の飛び柄とか、ごちゃごちゃしてないの。お母さんが着てたのかなあ、と思わせる柄。そうそう、そんな柄がほしいんだよね!さすが京都! 牛をなでて、お参りしてから帰路についた。天満宮といえば、梅。梅が咲いたらまた来てみたい。 [caption id="attachment_234" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA また受験前に来ます。アイル・ビー・バック![/caption] [caption id="attachment_235" align="alignleft" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA これが例の限定ココア豆。食べだしたら止まらない[/caption]                    
カテゴリー: 未分類 | コメントする

格子柄は素敵

毎年お世話になっているM様。もう何年目になるかなあ〜いつもオシャレなおきもので、反物が届くのが楽しみになるお客様。 今回は柔らかものの格子柄。お単衣でのご注文だった。桜色とも薄い灰色とも見える複雑な色。糸も白でも大丈夫と思えるけど、もうちょっと色味が欲しいところ。結局生成りに。色って不思議だなあと思う。単体でみてたらそんなに違わないのに隣合わせになったらちがいぎ引き立つなんて。 格子は微妙にずらして、とのご指定。間近で見ると、縦も横も柔らかな色調なので格子が目立つ感じではない。だけど、離れると意外にくっきり。格子柄はずらすか、合わせるか、それはお客様のお好みだけど、今回のは確かに合わせすぎると面白くない。さすがきもの巧者のM様。 納品させていただいたのは10月のあたま。ちょうどお出かけに間に合う!とのこと、ほっとした。10月でもまだまだ暑い。袷では厳しい微妙な時期。この温暖化で単衣シーズン、ちょっとずつ長くなっていっても良いのかも。と、思っていたところ、直後に京都に向かう阪急の中で羽織姿、コート姿を見かけた。ファッションは季節先取り!or現実に即して、着心地良く、かなかなか難しいところ。 [caption id="attachment_205" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 近くで拝見すると地模様が綺麗[/caption] [caption id="attachment_206" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 離れると格子がくっきりと・・・カジュアルな感じに[/caption]     資材と附属を探しに船場センタービルへ。久しぶりだったので地下鉄出た後の方向をちょっと間違えた。ついもなら呉服屋さんのエリアへ直行なのに、雑貨屋さんエリアをうろうろすることに。季節柄かハロウィングッズ多し。どれもこれもかわいくて、当初の目的を忘れそう。 呉服屋さんエリアに来て目的の羽裏をゲット。ついでに子供用浴衣の反物を見せてもらう。来年新調したいから、反物選びから見てほしいと頼まれての、ちょっと視察。もちろん今の時期、品揃えは良くないだろうことは織り込み済み。 出てきた浴衣の柄、ん〜???と思うものも多い。いくら子供用とは言え、やたら派手な花柄、キラキラ、黒地、はなんか違うなあ、と感じる。ビビッドな色柄は子供ならではだけと、これはいらーんてなるよな~。もっと古典的な子供用浴衣はないものか・・・。色は紺で、でも地味になりすぎないもの! とりあえず、来年4月くらいから揃い始める、とのことなのでその頃探し始めよう、と( ..)φメモメモ。   季節柄、七五三のお買い物のお客様が多かった。お客様の年齢が若く見え、最近はこの年代の方も着物着るようになったのかな!なんてほくほくしてたら…お母さん達でした。 3歳の被布衿、ほんと可愛いものですよね。もうその後着ることもないのに(我が家は無かった…)せっかく素敵に着せてもらったのにグズったり座り込んだり神社の砂利で遊んだり。   私も子供用足袋(カバー)を購入。(やすかった!もう本物の足袋の代わりに履かせようかと)七五三の時の足袋ではさすがに入らない。今年二分の一成人式(最近はこんな風に言うんですね)のおチビに七歳で着た着物を直そうか、と思いつく。今ならまだ腰揚げ肩揚げ直しでいける。十三参りになると完全仕立て直しになりそうだから、ラストチャンスかも。草履も、帯も私の小さい頃のがまだ大丈夫そう。 俄然やる気になったものの、なんせ紺屋の白袴、完成するかどうか怪しいなあ・・・。                                          
カテゴリー: 未分類 | コメントする

秋が来た…?

10月に入ったというのに台風が来て落ち着かなかった月はじめ。やっとこの連休秋らしくなってきた。ここのところ警報チェックばかりしてたような… 今回も幸い特に被害らしきものはなく、ざーっと去っていったけど。 丁度夜に大阪に近づく、という日。夜七時ごろ自転車で走ると時折ぶわっと強風がふく。隣を走るオチビが「キターッ!!」と大騒ぎ。なんだか、ちょっとワクワクするみたい。わかる。遠くで鳴ってる雷とか、こんな風にわっと吹いてくる風とか。いつもと違う感が楽しいんだろうな〜。わかるんだけど、あまりに騒ぐので「もう静かにしよっか」。 [caption id="attachment_202" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA オリーブ・・・知らない間に実がなっている![/caption] 3年ほど前にもらったオリーブ。当初はポット苗で雌雄もわからない状態。てもせっかくもらったんだし、鉢に植え替えて置いておいた。水やりこそはしてたものの、育てるというより、まさに置いておく、状態。にもかかわらず、今年実がなった!春先にオレンジ色の小さい花らしきものがふわふわふわ〜と咲いたのは覚えてる。今にして思えばあれ、花だったのか、という感じ。そして近所にオリーブがあるようにも思えないのにどこかから花粉がとんできたことに驚く。庭木なんかに使われてるのかなあ…確実にあると知ってるのはここから自転車で15分ほど離れたところ。とにかく頑張ったね〜と労いたくなる。 そして、これ、食べれるのかな・・・?     [caption id="attachment_203" align="alignleft" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 右往左往しながら作った思い出が・・・[/caption] 以前に作ったハロウィングッズ。出来たら満足してしまいこんで、そして忘れてしまう…というパターンをたどるのたけど、せっかく教えてもらって作成したものだから出さなきゃ!と一念発起(こんなことでも一念発起しないとできない)季節感は大事、とわかっているのだけれど。 やっと、秋が来た。     [caption id="attachment_204" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 中には100均キャンドルライト入れて[/caption]                        
カテゴリー: 未分類 | コメントする

訪問着と付下げ

S様よりご依頼いただいた付下げ、正統派で可愛らしいおきものは久しぶりで、写真をUPさせていただくことに。S様!ありがとうございました(#^.^#) 紬、小紋などで渋めのカラーを見慣れた目には新鮮で、でもきものって、特にフォーマルなものはこういう色目が良いですね。花の柄も華やか。だけどごてごてしてなくて飽きがこなさそう。お茶をされるとおっしゃっていたS様、初釜などにどうでしょう? [caption id="attachment_184" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 八掛の色ともよく合ってて、素敵です!八掛の色選びはいつも悩みどころ[/caption] 衽、前身頃から後ろ身頃、衿、肩、袖とガッツリ続く柄を見て、ふと。 付下げってこんなに柄合わせ必要だったっけ?でも預かった時には反物で、八掛もご用意いただいて、仕様は明らかに付下げ。   [caption id="attachment_185" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 白っぽい袋帯で軽快にor黒っぽい帯で重厚に、と色々楽しめそう。写真もっと上手にならなければ^^;[/caption]   [caption id="attachment_190" align="alignleft" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 若かりし頃の一枚・・・親戚の結婚式に着ていった記憶が。最近はフォーマルな場がなくてしまい込まれ。[/caption]   そうだ!と自分のきものを確認してみる。 まずは付下げ。 実家の母に用意してもらったものだからこんなに柄をじっくり見たのは初めて。前身頃は柄が続いてるけれど、肩、袖はあまり柄が無い。     続いて訪問着。これは練習で仕立てたものだからよく覚えてる(*^^*)肩山にヤケがあるという残念な状態で、とってもお安くゲットしたもの。今見たら派手やな〜!!と思うけど当時は結構気に入ってたような…。 [caption id="attachment_191" align="alignright" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 肩のヤケなど気にせず着てた!平気平気\(^o^)/柄が派手で今は着れないなあ[/caption]   仮絵羽で共八掛で売られてた。 これは訪問着仕様。   [caption id="attachment_192" align="alignnone" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 背中も柄!演歌でも歌いそう(笑)[/caption] ちなみにこれも訪問着。仮絵羽だった…のだけどどこにも柄合わせの必要がない。和楽器の刺繍が好きで選んだもの。この刺繍の高さ、位置くらいは考えたようにも思うけど、そんなに選択の余地はなかったような。 [caption id="attachment_193" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 地味なのにハマってた時期・・・入学式にも着た[/caption] 結局訪問着と付下げってどう違うの?今更なんだけど、気になりだして…ぼんやりと意識してるけど、実際はっきりとした違いはどこなんだろうか? 古〜い本を引っ張り出してきた(^_^;)きものにハマり始めた時、なんの知識もなくてひたすらこれを読んでた。 [caption id="attachment_194" align="aligncenter" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 表紙の辛子色の紬が好きだったなあ[/caption] 1995年発行(古!!)のこの本によると…要は売られた時の形状が大きな違いのよう。仮絵羽か反物か、八掛が付いてるか付いてないか。さらにプラス付下げは柄が控えめだと。 「ファッション」だし、今は今でまた違った流れがあるのかもしれないけど、思ってるのでOKと確認できて一息。 S様訪問着からタンスと本棚を探索、思わぬ虫干しができた。  
カテゴリー: 未分類 | コメントする

兵馬俑

終了まであと一週間ちょっと、というところで「始皇帝と大兵馬俑」展を見に行った。毎回もうちょっと早く行けば良かったと思うのだけど、 やはり入り口は長蛇の列。一瞬ひるんだけど、思ったよりは早く中に入れた。 兵馬俑と言えば教科書で見たくらいの記憶しかない。最初は春秋時代など秦によって統一される前の出土品から。なんせ紀元前。日本なら弥生時代?高床式?土器作ってたころかな〜。   面白かったのは封泥(ふうでい)。封蝋的に竹の巻物に封をしてあるもの。水道管も大きくてこの時代にこんなものが作られてたなんて…と驚き ばかり。   いよいよメインの兵馬俑達。もともとは小さな兵馬俑を入れる習慣があったところそれが発展して始皇帝ではあの大きさと数になったそう。 メジャー級と思われる兵馬俑さんがぽつぽつと展示されてたのだけれど、迫力は充分。兵士たちはみな臨戦態勢、背筋もぴしっと伸びて緊張感溢れる表情。  馬も格好良かった。これを作った人たちはどんな名工だったのかな… [caption id="attachment_174" align="aligncenter" width="300"] 整列![/caption] そしてこの一体でも存在感のある兵馬俑が本場はみっちり8000体から並んでいるとか、めまいがしそうな話。 こんな壮大な永遠の世界を作ったのに(作ったからなのか)始皇帝の死後3年で秦が滅亡してしまうなんて。2代目はカリスマじゃなかったのかなあ。 とにもかくにも、実際に見ると紙やテレビで見るのとは違うなあと思うことしきりでありました。 [caption id="attachment_171" align="alignright" width="225"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 撮影エリアにて。結構背が高い。[/caption]  
カテゴリー: 未分類 | コメントする

ちょこちょこ手作り2

その後、オチビのウォールポケットは一応の完成を見た。まち針うったにもかかわらず、ずれてるし、縫い目もものすごいことになっている・・・・(^^)実はアップリケのモチーフはフランスパンにエッフェル塔、コーヒーカップなのだ。本では刺繍、ビーズなどをつけてパリっぽく(?)仕上げてあった。う~ん、パリっぽいか・・・・ま、フェルトも家にあるありあわせのものを使ったし、しょうがないか。 でも、本人はいたく満足してるらしい。できた!という喜びが大事なのかな(^^) さて何を入れようか・・・・?         図書館に行くと絵本だけでなく、子供向けの手芸やお料理本が充実していて楽しくなる。 割に簡単にできるものばかり。簡単なだけに、ちょっとこれは食べないなあ・・・と思えるものもあるのだけれど、気軽に作れるのがよいところ。 オチビも料理したいらしく、今回は「食パンで作るお菓子」の本を借りてきた。 出来上がったのがこれ。 ちなみに「アーモンドクッキー」(^^) 食パンにアーモンドクリームを塗ってアーモンドスライスを載せ、オーブンで焼く、だけ。塗る、載せるの工程はオチビ担当で、作った、という満足感もあり。 まあ、クッキーというより、見た目はやはり「パン」なだけど、なかなか美味しかった(*^_^*)    
カテゴリー: 未分類 | コメントする

ちょこちょこ手作り

きものを縫っているところを見ているせいか、オチビは時々「縫い物した~い!」と言う。 並縫いでざーっと縫い進んでいくのが驚きらしく「これ(並縫い)したい!!」と言うのだが、さすがに幼稚園児には無理なので、フェルト手芸の本を借りてきた。 もちろん、毎回「縫い物したい」に付き合ってはいられないのだが(こちらの忙しさお構いなしなので)何回かスルーしてしまっているので今回は見てやることに。 本人は「ウォールポケット」を選んだ。作り方を見ると結構細かい。接着芯を貼って裏地つけて、アップリケ、ビーズもつけて・・・と時間がかかりそう。 あまりにも時間がかかると途中でヤル気が切れてしまいそうなので(お互いに)、完成度は無視して、「ちくちくできた!とりあえず出来上がった!」達成感重視で芯やビーズは省く。 フェルトを切って・・・・ 和裁台は低めなので、子供の作業台にも適しているみたい。       ちくちくちく・・・・。 せっかく指ぬきもつけたけど全然役にたってない(^^ゞ 針をどこから出し、どこへさすのか、案外むずかしいよう。 さてさて、どんなものが出来上がるのか・・・・?        
カテゴリー: 未分類 | コメントする

ちくちくの事

ちくちく日記とタイトルをつけながら、さっぱり「お針」関連話題が出てこなくて何してんだか・・・・と思われそうなので、たまにはおきものの話題でも。 M様ご依頼の紬の単羽織です。 もともと長着(いわゆる「きもの」です)であったものを仕立て直したものです。 膝下までゆっくりある長羽織ができました。 どうしても衿の長さが足りないので、途中継ぐことになるのだけれど、これが案外目立たない。 たたみながら、長羽織なのに単衣仕立てなので軽い!と驚いてしまいました。 染着尺での羽織なら、裏をきっちりつけてどっしり作るのがいいでしょうが、紬だったら、こんな軽快な感じもいいものだな、と思いました。 中にあわせてるのは、同じくM様分で紬の単衣。男物からの仕立直しです。着丈が厳しいのでおはしょりがしっかり出ないのですが、こうやって羽織と合わせると良い雰囲気です。 中に帯として入れてるのは私物ですが、実は風呂敷で、こんな色が入ってもいいかも、と挟んでみました。半幅帯で桃山風な着方もいいかな、と色々想像が広がるおきものになりました。   こちらはS様よりご注文の名古屋帯。 名古屋帯は久しぶりのご依頼でした。芯を綴じる時は、結構力仕事だし、ちょっと油断すると針で思いっきり自分を刺してしまうので(*_*;辛いながらも、結構好きな仕事です。 芯を付けた後、ぐるぐるぐる~ずりずりずり・・・・とひっくり返すのですが、これがまるで脱皮みたいで(表現悪いですが)楽しいのです。 毎回「おお~~っキタキタ( ´∀`)bグッ!」と達成感を得られるので、それまでの苦労が帳消しになる、というか。   この帯も「長着」をほどいて作り直したものです。もとは柔らかいちりめんの小紋でした。しっかりした帯芯を入れたらちゃんと名古屋帯に変身です。 やはり、仕立直しの性(?)として途中継ぎが入ります。お太鼓の裏側、お太鼓の付け根(ちょうど帯枕の下あたりに来る部分)、手先(胴の一巻き目)くる部分で生地をはぎます。 そうやって仕立てると、帯地だけが帯になるのでなく、着尺や羽尺でもできますし、以前は羽裏で名古屋帯を縫ったこともあります。もちろん、紫織庵で購入したしっかりした生地の羽裏でしたが・・・・(あまりにもしっかりしているので、これを裏にしてしまうのはかえって勿体無い、ということで) 同じくS様のウールに合わせて。ざっくり渋いウールとはんなり柔らかな染帯がよく合っていると思います。 ウールの仕立ては時々あります。たいていはお祖母様が買って反物のまま長い間おいておかれたのをきものに・・・という依頼。 ウール反物でもそうですし、仕立直しでも、そのままでは着られないもの達がもう一度手をかけることによって蘇る・・・・このお仕事の醍醐味の一つかな、と思ったりもします。(大げさですが(^^ゞ)      
カテゴリー: 未分類 | コメントする